佐藤勝利くんとジャニーズ・マスト・ゴー・オンの話

 

約二年前の五月に友人のつくっている「継承」をテーマにした批評同人誌に、『ジャニー喜多川なき世界に向かって -ジャニーズ マスト ゴー オン-』という文章を載せてもらいました。このブログで宣伝もしました。これですね。

chocomintholic5.hatenablog.com

 

先日Twitterを通じてこちらの購入希望のリクエストをいただき大変嬉しかったのですが、ずいぶん前に書いたものにお金を払っていただくのがなんともしのびなくて、タイミングをみてブログに載せますね~!とお約束したまま、半年が過ぎようとしています。(土下座)

 

ここ一年ほどは、ジャニーズという事務所をめぐってさまざま出来事があり、このニュースが出たタイミングでこの内容はちょっとどうかな…と躊躇しているうちに、気づいたら半年経っていた次第でして。(いいわけです。すみません。土下座)

 

で、なんで今この記事をアップしようとしているかというと、二日ほど前に健人くんのソロコンについて感想記事を書いていたところ、SexyZoneの絶対的センター佐藤勝利くんがソロコンサートの初日で

「僕たちSexyZoneがジャニーズを永遠にしていきます」

 と語ったという話を聞きまして、え、それ私が二年前に妄想してたやつでは…と驚愕したからです。そして、リクエストをいただいたのに、半年放置していたことも思い出しました。

おーい!二年前のわたし!勝利くんジャニーズを永遠にするってよーーー!!

 

前置きが長くなってしまうのですが、これを書いた当時、ジャニーズを好きになって一年くらいで初めて『ジャニーズワールド』を観て衝撃をうけ、ジャニーズおよびジャニー喜多川の素晴らしさと興味深さと恐ろしさについて、とりつかれたように毎日ひたすら考えていて、そこで出た結論が「ジャニワとは、佐藤勝利がジャニーズを永遠にする物語である」というものだったんですよね。あとは、大好きなSexyZoneが流動化とか訳のわからないことになっており、いやいやSexyZoneは絶対に五人です!!ジャニーズを永遠にするために五人が必要不可欠です!!っていうことを書きたかったという気持ちもありました。



まあ勝利くんの発言について、「わたしは二年前から予測してたぜへっへん」とかいう気持ちよりも、なんかこのわけのわからん長文を公開するタイミングは今しかないのでは…という気持ちでおります。

何より、今年は勝利くんのソロコンもう観られなさそうだなとあきらめかけていたところ、同行させていただけることになり、明日勝利くんのステージを観たら、こんな文章は永遠に葬りたくなるのではないかと思ったので、観る前にアップします。(土下寝)

 

先に目次を載せておきます。長いので、気になったところだけ読んでいただいても。リンクするやつはごめんなさいやってません。

1 ジャニーズにとって「継承」とは

2 ジャニーズミュージカルと「Show must go on」

3 劇場型人材育成システムとしてのミュージカル

4 堂本光一中居正広と「Show must go on」

5 ジャニーズ文化の成熟とジャニーズニュータイプたち

6 佐藤勝利という光

7 ジャニー喜多川なき世界に向かって 

 

 

二年以上前に書いたものなので、現在と食い違っているところがかなりあるかと思いますが、きりがないので基本的には誤字等の修正のみしております。ちなみに注も紙ベースのときのままです。

ブログ用に書いたものではないので、文体がアレですが、「ジャニーはどのような思いを託しているのか…」とか言ってるの、これはこれでちょっと面白いのでこのまま載せます。そもそも、こういう目次の中に載っけてもらってたこと自体ちょっとおもしろいんですけどね。なんか、こういうオタクもいるんだなあくらいの生暖かい目で読んでいただけたらと思います。

f:id:chocomintholic5:20170812205111j:plain

あらためて最後に、SexyZone流動化が危ぶまれた時期のことやSMAPのことなど、センシティブな話題に触れている部分もありますので、ご注意ください。

 *以下からが本文です。

 

*********************

 

 

先日、某女性アイドルグループファンの友人と飲んでいたときのことである。ジャニーズアイドルグループSexyZoneのファンである私は、事務所の格差売りがいかに酷いものであるか、Sexy鬱*1の現状を友人に一方的に訴えていた。しばらくは黙って聞いてくれていた彼女だったが、突然、私の話を遮り次のようにブチ切れた。「ジャニーズはデビューしちゃえば、毎年大きな会場でコンサートやって衣装もセットもお金かけてもらって毎月テレビも雑誌もあって、これ以上何が不満なわけ?そんぐらい我慢しろや!!」このあと彼女は、煙が立った程度の恋愛スキャンダルでこれまでの地道な努力が水の泡になった推しメンの話、卒業という制度がいかに残酷なものか、ものすごい熱量で語ってくれたのだった。

 

 

 ジャニーズにおける「継承」とは

女性アイドルと比較すると、確かにジャニーズタレントは恵まれていると言える。『文春』のメリー喜多川独占インタビューで本人の口からも語られたように彼女のマネージメント力、ジャニー喜多川のコンテンツを生み出す力は、ジャニーズ事務所にタレントを守るための大きな力を与えてきた。半世紀も男性アイドル市場を独占的に支配する例は世界でも他にないのではないか。

現在ジャニーズにおける最注目の「継承」問題と言えば、御年八十八歳と八十三歳の喜多川姉弟の跡を誰が継ぐのかということだろう。SMAPを現在の地位にまで育てた飯島マネージャーと、メリーの娘で嵐を担当するジュリー喜多川。マネージメント面、つまりメリーの後継者は、この二名のどちらかだろうと目されている。一方でジャニー喜多川が担当してきたコンテンツ面は誰が引き継ぐのか。ジャニー喜多川の独特のセンスと、ダイヤの原石を見抜く才能がなければ、ここまで巨大な事務所にはならなかっただろう。

本稿では、ジャニー喜多川がジャニーズタレントに「継承」させてきたのは「Show must go on !」精神であるとし、それがいかにして「継承」されてきたのか、またそう遠くない未来に予想されるジャニー喜多川なき世界で、いかにジャニーズが「継承」され得るのかについて考えてみたい。

 

 

ジャニーズミュージカルと「Show must go on」の意味するもの

 ジャニー喜多川が最も力を入れている活動はミュージカル制作であると言われている。少年野球団だった「ジャニーズ」が芸能事務所となったのは、ミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』がきっかけだったことはすでに指摘されている通りだ*2

事務所の立ち上げ時から半世紀が経った現在でも、脚本・演出・プロデュースすべてにジャニー喜多川の名がクレジットされた舞台が毎年何本も上演されている。今年一月の『二〇一五新春ジャニーズワールド』の期間中は、ほぼ毎日帝国劇場でジャニーの目撃情報があったほどの熱の入れ具合である。

 よく比較される宝塚やAKBと違い、ジャニーズは専用劇場をもっていない。だが、帝国劇場、新橋演舞場東京グローブ座などは、年間の半分近くがジャニーズの舞台で使われており、御用劇場となっているのが現状である。

ジャニーズミュージカルの特徴と言えばまず「役名=タレント名」であることが挙げられる。堂本光一が「コウイチ」役を演じ、中島健人が「ケント」役を演じる。また、『EndlessSHOCK』や『PLAY ZONE』など、「舞台をつくること、ステージに立つこと」がテーマになっている作品が多い。つまり、ストーリー内の役どころと、実際に舞台に取り組むジャニーズタレント自身の姿とを、ファンが二重写しで観ることが前提となっているのである。これらの舞台のストーリーの中で重要な役割を持つのが、「Show must go on!」という言葉だ。「何が起こってもショーを中断してはならない。」ショービズ界ではしばしば使われてきた言葉だという。時代・演目を超えて繰り返されるこの言葉に、ジャニーはどのような思いを託しているのか。

 

 

 

劇場型人材育成システムとしてのミュージカル

近年ジャニーが最も力をが入れていると言われる『二〇一五新春ジャニーズワールド』(以下ジャニワ)を例にして、ミュージカルにおける若手ジャニーズ育成システムについて考えてみたい。

 「ジャニワ」の大まかなストーリーは以下のようなものだ。

 

ミュージカルカンパニーの一員である(佐藤勝利演じる)「勝利」と(中島健人演じる)「健人」。ある日ショーのフライング中に「勝利」がセットに衝突する事故に遭ってしまう。「これ以上ショーを続けられない」と言う勝利に対し、ショー作りに心血をそそぐ(錦織一清演じる)「プロデューサー」は「Show must go on!」と説く。「プロデューサーは狂ってる!」と文句を言いながらも、一緒にショー作りを続ける二人。プロデューサーは、今までにない新しいショーを作るために二人を連れて人間の暦を越えた「十三月」を探す旅に出る。

 

この「十三月」を探す旅は、一月のジャポニスム満載の和楽器ショーから始まり、タイタニック号沈没のシーンの寸劇、ヒンデンブルグ号事件、第二次世界大戦、オリンピック、十二月の源平合戦まで、月ごとに次々に場面が変わっていくレビューのようなものだ。くわしい意味付けはここでは割愛するが、プロデューサーのこれまでのショーのアイデアを集めたものだと考えられる。つまり、ショーの歴史をたどる旅でもあるのだ。重要なのは、ジャニーを彷彿とさせる狂気のプロデューサーがこの旅で「勝利」と「健人」に何を伝えたかったかである。

旅の中で「勝利」には、「生きることの意味とは…」「生きるって何なんだ」という台詞が与えらてれており、「健人」には「やっと分かりました!狂気の意味が!挑戦と冒険こそがショーを作るんですね!」という台詞が与えられている。このことから「勝利」は「生きること」を、「健人」は「ショーを作ること」をそれぞれプロデューサーから学び取る存在であると考えられる。

この二人が旅の中で悲劇ばかりを描くショーに絶望し、傷つけ合い、悩みながらも、理解し合うようになる様を描くことで「ジャニワ」は、「生きること」と「ショーを作ること」の関係性を描いているのだ。物語の終盤、二人ががっちりと腕を組み、シンメトリーなポーズでフライングする見せ場は、まさに「生きること」と「ショーを作ること」が表裏一体であることを象徴しているのだろう*3。このように考えたとき「Show must go on!」という言葉は「生きるためにショーを作り続けなければならない」「生きている限りショーを作ることから逃れることはできない」という意味も持つことになる。プロデューサーが「勝利」と「健人」に試練を与えて一人前にしていくというストーリーに、舞台裏でジャニーが佐藤勝利中島健人に稽古をつけているさまを、観客は重ねる。

「Show must go on!」という言葉は、ジャニーズとして、アイドルとして、どのように生きるべきかを説いているのである。

 

結局「十三月」が一体何なのかは明かされないまま、プロデューサーが唐突に「十三月はみんなの心の中にあったのだ!」と言い出し、その答えに一同が納得して大団円を迎えることが、「ジャニワ」のトンチキ舞台たるゆえんだ。結末が意味不明だからこそ、過程が輝く。「勝利」と「健人」が「生きること」と「ショーを作ること」の関係性に悩み、プロデューサーから必死に学び取ろうとするその過程を観客と共有することこそ、この舞台の肝なのだ*4。役とタレントをダブらせ、ストーリーを入れ子構造にすることで、劇場型人材育成システムとしてミュージカルが機能しているのである。ミュージカルに抜擢された若手ジャニーズにとって「Show must go on!」はジャニーからの教えであり、アイドルとして活躍すべき未来への道しるべとなるのである。

 

 

 

堂本光一中居正広と「Show must go on!」

ジャニーズタレントはさまざまな機会にジャニー本人、またジャニーの指導を直接受けた先輩ジャニーズから「Show must go on!」精神を「継承」するのだろう。例えば、KinkiKidsの堂本光一は舞台中心、SMAP中居正広はテレビバラエティ中心と、それぞれまったく別の方針で活動しているように見える。しかし実は二人とも「Show must go on!」を背負っている。

堂本光一は二〇〇〇年から『SHOCK』というミュージカルの座長を務め、今年で十五年目になる。ミュージカルカンパニーを率いる「コウイチ」が仲間とぶつかりながらも人生をショー作りに捧げるというストーリーの作品であり、観客は座長としてストイックに舞台を作り続けていく堂本光一と「コウイチ」を重ねて鑑賞する。この舞台の見せ場は、何といっても五メートルもの高さからの階段落ちだ。カンパニーナンバー2の「ヤラ」は、「コウイチ」への反発心から、劇中のミュージカルシーンの小道具である日本刀を本物の刀にすり替えてしまう。殺陣の演技の中で重傷を負い、「ヤラ」の企てに気付きながらも、「コウイチ」は自らが信じてきた「Show must  go on!」精神にのっとってショーを続け、脚本通りに階段落ちを決行することで命を落とす、というシーンである。

ジャニーズの舞台は、役名やストーリー設定により現実と虚構の世界を交錯させる仕組みになっているというのは先述した通りであるが、奇しくも今年の三月十九日の『EndlessSHOCK』昼公演で、虚構が現実化したような事故が起きてしまった。八百キロもの重さがあるセットが突然本番中に倒れたのである。負傷者数名が救急車で運ばれ、その日の公演はそのまま中止となった。幸い、負傷者全員がその日のうちに退院でき、セットも別のものに代えることができたため、翌日から公演続行となった。千穐楽のカーテンコールで、座長堂本光一は次のような挨拶をした。

 

(前略)翌日から再開することには批判もあるかもしれないと思いましたが、僕は覚悟の上で再開しました。あの事故の翌日、大道具の棟梁さんが僕のところに来て「頑張りますから」と仰って、グッときました。僕たちは言葉でなく、パフォーマンスで全てを表現していこうと決めたんです*5

 

この事故により露呈したのは、「Show must go on!」を強いることの残酷さだ。この挨拶から、堂本はショーを続けることが必ずしも賞賛されるべき態度でないと認識していることが分かる。本番中ケガをする可能性が最も高いのも、ショーを続けることの責任を負うのも、舞台に立つ堂本本人だ。死者が出ていた可能性。堂本自身が重傷を負っていた可能性。ショーのストーリーのような悲惨なことが実際に起こり得る現実を引き受けて、座長として舞台に立つ。その「覚悟」を持たせるのが「Show must go on!」という言葉なのではないか。劇中、階段落ちの後に幽霊となってカンパニーに戻ってきた「コウイチ」が「ヤラ」に次のような言葉をかけるシーンがある。

 

オレたちは一つ苦しめば、一つ表現が見つかる。一つ傷つけば、一つ表現が作れる。ボロボロになれば、そのぶん輝ける。だからお前がショーを続けたことは正しかったんだ。

 

堂本は、事故の翌日、長年『SHOCK』カンパニーの一員として彼を支えてきた福田悠太ら後輩のところに来て「僕たちは舞台に立つことしかできない」と言ったという。『SHOCK』は堂本光一が人生をかけてショーを作り続ける場所であり、同時に、舞台に立ち続けることによって人生をかけた「覚悟」を見せ続ける場所なのである。このような座長の背中から、後輩たちも「生きること」と「ショーを作ること」の関係性を学び取る。

「Show must go on!」精神ゆえの「覚悟」を背負っているのは中居正広も同じだ。二〇一四年三月に放送された『笑っていいとも』の最終回スペシャルで中居はタモリへの手紙の中で次のように語った。

 

歌の世界っていうのは、いずれかライブとかやれば最終日があって。ドラマもクランクアップがあって。映画もオールアップがあって。なんか始める時にその終わりを、ゴールに向かって、それを糧にして進んでいるんじゃないかなって思います。でもバラエティは終わらないことを目指して進むジャンルなんじゃないかなと。覚悟を持たないといけないジャンルなんじゃないかなと。(中略)他のジャンルは、評判が良かろうが悪かろうが終わりがあるんですけど、バラエティってゴールがないところで終わらなければならないので、こんなに残酷なことがあるのかなと思います。

 

SMAPといえば、それまでジャニーズタレントからは敬遠されていたバラエティに挑戦することで国民的アイドルとしての地位を獲得したグループだ。特に中居は有能な司会者でありながら、アイドルで居続けるという特異な存在となった。四十歳を超えてアイドルとして第一線で活躍し続ける例は、SMAP以外に見られない。タモリが総合司会を務め、『笑っていいとも!』をベースに放送された二〇一二年の『二十七時間テレビ』では、メンバーの草なぎ剛が百キロマラソンに挑戦し、見せ場の一つとなっていた。SMAPも、アイドルとしてどこまで走れるのか、先導者もゴールもないマラソンを続けているようなものではないか。彼らの、人生をかけた過酷なマラソンにチャレンジする姿に、私たちは尊敬なのか同情なのか分からないけれど、とにかく心が動かされてしまう。卒業のないジャニーズは女性アイドルとは別の、ゴールがないという過酷さを背負っているのである。

舞台に立ち続けること、アイドルで居続けることで背負う覚悟、その過酷さを思うと、「Show must go on!」とは未来への道しるべであると同時に、ジャニーがタレントたちにかけた呪いのようなものに思えてくる。

 

 

ジャニーズ文化の成熟とジャニーズニュータイプたち 

ジャニーが育んできたジャニーズとしての精神は、どのように「継承」されているのだろうか。まだ無名のジャニーズJrたちは、コンサートでデビュー組のバックダンサーを務めたり、先輩ジャニーズ主演のドラマに端役として出演したりしながら、先輩の背中を見て学んでいくことが多いのだろう。Jrや若手グループが『少年倶楽部*6やアイドル雑誌のインタビューで必ず聞かれる項目に「尊敬する先輩(ジャニオタ用語で「尊先」)」というものがある。ジャニーズ内で目標とする先輩を公式的に明言することで、ファンとも共有しつつ、先輩から後輩への「継承」が続いていく。近年、このようなシステムの中に新しい「継承」のかたちが生まれている。なんとジャニーズ内部にジャニオタが紛れ込んでいるのである。

SexyZoneはメンバー内ジャニオタ率が特に高いグループだ。最年長の中島健人は、小学六年生の時に亀梨和也山下智久のドラマ派生ユニット「修二と彰」の『青春アミーゴ』でジャニーズに憧れ、自分と同世代の山田涼介(Hey!Say!Jump!)の活躍を見て自らジャニーズ入りを決意したという。山田との共演時には山田を慕う他の後輩を牽制するなど、強火山田担(熱心な山田ファンのこと)の姿そのものだ。先日も先輩である中山優馬のラジオ「LOOK AT YOU-MA」にファンのように感想メールを送り、驚いた中山が「いろんな人のラジオ聴いたりテレビ観たり、勉強熱心なのかなんなのか」とコメントしていた*7。ラジオだけでなく、先輩ジャニーズ出演のドラマも毎クールほぼ網羅して観ているようだ。大学と芸能活動の両立で多忙な身にも関わらず、ここまで熱心にチェックできるのは、ジャニーズに対する愛情の強さゆえだろう。同メンバーの菊池風磨もジャニーズに入ったきっかけは、小学二年生のころから「嵐にあこがれて」だと語っているし、松島聡も同じ静岡県出身の知念侑李(Hey!Say!Jump!)に憧れており、「気持ち悪いくらい好き」「1にファン、2に家族、3に知念くんが大切」などと発言している。このような態度はこれまでの「尊先」の枠を越えたものだろう。松島に至っては、先日も雑誌で「疲れた時の回復法」として「ライブのDVDを観ること。自称〝ジャニオタ〟の自分としては(笑)」*8と自ら「ジャニオタ」であることまで明言している。

ジャニーズ内にジャニオタがいるという事態は、今までは考えられなかった。中島・菊池世代、つまり二十歳前後よりも前にジャニーズに入る少年たちは、他者から見出されてジャニーズになった者がほとんどだ。ジャニーズ入所のきっかけを聞かれると、たいてい「知らない間に姉(母、親戚…)が勝手に履歴書を送っていて…」と答える。自ら進んでジャニーズになったわけではない者が全員アイドルである自分とうまく折り合いをつけられるわけではない。「人類の奇跡」と呼ばれるほどのルックスを誇る山下智久はインタビューで「カメラの前に立っても、面白くもないのに笑えなかった」と過去の自分を振り返っている。「アイドルである」「ジャニーズである」ことへの葛藤を表明するジャニーズタレントは山下だけではない。それがグループ脱退や退所という形につながることも少なくなかった。そのような葛藤を小説という形に昇華させたのが加藤シゲアキの『ピンクとグレー』ではないだろうか*9。加藤の所属するNEWSは、結成時九人だったのが、メンバーの脱退が続いたことにより、現在は四人で活動している。脱退したうちの一人が、山下だ。本作の中で、タレントとしての自分と「本当」の自分との乖離に悩み、人気絶頂期に自死を選ぶ「蓮吾」の姿は、山下のようなジャニーズタレントの姿と重なるところがある。矢野利裕は本作について、「蓮吾」が遺書を複数用意し、どれが公開するのにふさわしいかを親友の河田に選ばせる点にこそ「アイドルという存在の本質が示されている」とし、「本当の自分すらも受け手に委ねる、アイドルはそのようにしか生きられない、ということである。この点に作者の、アイドルとしての覚悟を感じた。」と述べる*10。現在二十代後半の山下・加藤世代のジャニーズタレントにとって、アイドルである自分を受け入れることは、「覚悟」が必要なことだったのである。

それに対し、先述したジャニオタ集団SexyZoneは、ジャニーズのニュータイプと言える。「顔がカッコよかったから」というだけではなく、「ジャニーズアイドルになりたい」と思って入所してくるのだから、芸能界の厳しさを味わうことはあるだろうが、山下・加藤世代が抱えていたような葛藤はずっと少ないはずである。それは内面の問題だけでなく、ステージ上の振る舞いにも表れる。ステージでの立ち位置がシンメトリーな二人のことを、ジャニオタ用語で「シンメ」と呼んでいる。人気の高い者同士が組まされることが多く、立ち位置を決めるのはタレント自身ではないため、プロデューサー側から勝手に与えられるものだ。したがって仲間意識のようなものが生まれこそすれ、これまでタレント本人に「シンメ」を売りにする意識は薄かった。ファンはパフォーマンスや漏れ伝わるプライベートでの関わりなどからそれぞれの「シンメ」の関係性を想像し、ときには妄想して楽しむものであった。そのような「シンメ」制度とファンのあり方もニュータイプたちは更新していく。Jr時代からデビュー後の現在まで中島と菊池も「シンメ」である。二人はジャニオタ同士だけあって、意識的に「シンメ」であることを売りにして人気につなげるような振る舞いをしている。ファン以上に本人たちが「シンメ」であることに陶酔しているのである。

 

中島:風磨とは運命的なものを感じてたよ。“このコとは何かある。この先、長い付き合いになるな”っていう。よく「結婚する相手に出会うとビビビっとくる」みたいなこと言うじゃん。そういう予感っていうやつ?*11

 

中島:風磨がステージに飛び出すその瞬間、俺に向けられた拳。Jr時代からつづいている、ふたりだけの儀式。思い返せば風磨からは、初めてだったかもしれない。うれしかった。やってやろうと思った*12

 

菊池:暗黙の了解というか、普段の生活で一緒にいるときもステージに立っているときも、だいたい分かるよね、中島の考えてることは*13

 

中島:最近風磨との運命を感じる。もちろんメンバーには運命を感じるけど、風磨にはそれ以上。この先、どんなことがあっても隣にいるんだろうなぁって。ライバルとか友達ではなく一緒に戦う同士っていう感覚*14

 

中島:風磨とだったら、ふたりにしか生み出せない“何か”が見える気がして。誰も手が出せない何かが絶対にあるはず。

菊池:僕が本気で何かをやろうと思ったとき、必要なのは誰かって言ったら、中島しかいないんだ*15

 

 

まるで青春ドラマの台詞のようだ。これらは、中島・菊池シンメがナチュラルかつ定期的に供給してくれるシンメポエムの一部である。もちろんステージ上での背中合わせ歌唱やハイタッチなどは、「シンメ」の絆を感じさせる行為として当然ファンを喜ばせる。このような発言はより一層ファンを喜ばせるものだ。思春期を経て二人の関係は変化した部分はある。だが、この中島・菊池シンメは今にいたるまで、「シンメ」としての「運命」を誰よりも自分たち自身が信じているように見える。たまたま入所時期が近かったために組むことになった「シンメ」。その偶然を「運命」だと読み替えて、「オレとアイツ」の世界観を作り上げる才能が二人にはあったのだ。ファンを喜ばせるための振る舞いや発言に、彼ら自身がファン同様に興奮している様は、さらにファンを喜ばせる。SexyZoneの場合、コンサートなどでこのシンメがシンメらしい振る舞いをする度に、もう一人のジャニオタ松島が「こりゃーふまけん(風磨と健人シンメのジャニオタ内の愛称)ファンはたまらないね」とさらにジャニオタ用語でトークを展開するのである。

他のグループに比べて入所からデビューまでの期間が圧倒的に短い彼らは、ルックス・歌唱力・ダンスなどの才能以上に、ジャニオタ目線でファンが喜ぶような自己プロデュースができることが見込まれたのではないだろうか。このようなジャニオタの心がわかるジャニーズが増えているのは、SNSなどでファンの声を直接タレントが目にする機会が増えたこともあるだろうが、何よりジャニーズという文化の成熟の証なのではないだろうか。

ジャニオタ精神を持ち合わせたジャニーズJrも増えている。デビュー最有力候補である神宮寺勇太(十七歳)と岩橋玄樹(十八歳)も「シンメ」としての見せ方に意識的だ。雑誌で「シンメとしての動きを学ぶためにSexyZoneのコンサートDVDでふまけんを研究している」というような発言をしている。さらにお姫様抱っこやほっぺチューなど恋人同士のような身体接触・発言をすることを喜ぶジャニオタが増加していることをうまく利用して、より多くのファンを獲得している。岩橋はアイドル雑誌『Myojo』で毎年行われている「Jr大賞」の「恋人にしたいJrランキング(つまり実質の人気投票)」で二年連続で一位を獲得するまでになった。しかし一位を記念する誌面に、なぜかウエディングドレスを着て、タキシードの神宮寺にエスコートされる姿で登場したのは、ジャニオタの予想を超えていたのではないか。岩橋がすごいのは、恋人にしたいランキング一位の男性アイドルが女装をするという倒錯をジャニオタ以上に、本人が楽しんでいるように見えるところだ。ジャニオタの勝手な欲望にさらされることをさらっと引き受け、さらにその欲望の上を見せてくれる。今後は彼らのようなJrが増えていくのだろう。

 数多くの少年たちの中から「シンメ」を見出し、ユニットを作り出すのは、長らくジャニー喜多川のみに許された仕事であった。時に本当に仲の良いチームを解体したり、未来を約束し合った者同士を引き裂いたりと、少年たちの「運命」を握るのはジャニーただ一人であり、ジャニーズタレント・ジャニオタはその仕事ぶりを信頼しつつも、指をくわえて見つめているしかなかった。しかし、SexyZoneやそれに続くJrたちは、ジャニーがこれまで一方的に押し付けてきた「運命」をも自ら信じ、より強固な自分らしいものにしていくことができる。またさらにそこに、ジャニオタの欲望をふまえた一段階レベルの高い表現で応えていく。AKBの指原莉乃が女子アイドルオタクであるがゆえに、ファン心理を巧みにつかみ、自己プロデュースのみならず、後輩アイドルのプロデュースにも成功していることはよく知らているだろう。ジャニーズにおいても今後、指原的な才能を発揮する者が出てくるのではないだろうか。

 

 

佐藤勝利という光 

「スペオキ」というジャニオタ用語がある。これはジャニーの「スペシャルお気に入り」の略で、堂本剛中山優馬らがそれに該当すると言われている。「スペオキ」は、ジャニーから特別扱いされるだけでなく、活動歴やファンからの知名度に関わらず仕事面でも優遇される。現在一番推されている「スペオキ」は、「YOUは特別かっこいいよ」とジャニーに太鼓判を押され、入所一年未満にも関わらずグループのセンターとしてデビューした佐藤勝利だ。佐藤はデビュー前に、他のメンバーが呼ばれていない会議にタレントとして唯一呼ばれ、ジャニーと二人でデビュー曲のカップリングを決めたという。この曲のサビは次のような歌詞になっている。

 

見つけたんだ 小さな光 未来へ with you with you (中略)求めてた希望のかけら

(『With you』)

 

 

この歌詞に当時のジャニーの気持ちを重ねてしまうのは、乱暴過ぎるだろうか。だが、ジャニーがこの曲に佐藤への特別な思いを込めていたのは間違いないだろう。ジャニーがオーディションで佐藤勝利を見つけた二〇一〇年はジャニーズ事務所にとってどのような時期だったのか。まずは二〇〇〇年代後半からデータ・ダウンロードが増えたことによる、CD全体の売り上げ数の圧倒的な減少。KinkiKidsやKAT-TUNが自ら主演したドラマの主題歌でミリオンヒットを飛ばしていた一九九〇年代後半~二〇〇〇年代前半からは信じられないほど、CDが売れなくなった時期である。さらにEXILEの弟分として三代目J Soul Brothersを結成されたのも二〇一〇年である。つまり、ヒットが出にくい上に強力なライバル事務所の影が迫りつつあった時期なのである。

ジャニーにとって佐藤勝利はスペオキ以上に、ジャニーズ黄金期を再来させるための「希望のかけら」だったのだ。佐藤はジャニーの言葉通り、誰もが認める圧倒的美少年である。そしてその佐藤の所属するグループこそジャニーズ内ジャニオタ率№1のSexyZoneだ。ジャニオタ目線の自己プロデュース能力に長けた中島・菊池・松島に加え、強力な五人目のメンバーであるマリウス葉は、ドイツ出身で母親が元タカラジェンヌという少女マンガのようなプロフィールの持ち主だ。「本当は宝塚に入ってたくさんの人を幸せにしたかったけど、男の子で宝塚には入れなかったからジャニーズに入った」という彼は、母の影響もあって宝塚の大ファンである。ジャニーズがその始まりから宝塚の影響を多分に受けていることを考えると、SexyZoneこそジャニーの理想を反映させるのに最強の布陣であり、ジャニーズ帝国の存亡を託されて結成されたグループだと言えよう。メンバーの菊池風磨もインタビューで

SexyZoneってジャニーズの文化そのものなんだと思うんです*16

 

と述べている。

ここで先述した『二〇一五新春ジャニーズワールド』のトンチキな結末を再び思い出してみたいと思う。この舞台こそ、ジャニーが佐藤に天下をとるべく与えた城だ。暦をめぐる旅を終えてプロデューサーは「十三月は、みんなの心の中にあったのだ」と言った。通常の有限な時間の枠組みを超えた「十三月」を仮に「永遠」であるとする。また「ジャニワ」の空間にいた「みんな」とは出演していたSexyZoneらジャニーズニュータイプと観客のことであるなら、「みんなの心」とは「ジャニーズを愛する心」のことである。つまり、『ジャニーズワールド』とはジャニーズを愛する者たちの心の中に佐藤勝利が「永遠」を見出す物語なのである。佐藤は今年放送された密着ドキュメンタリーの中で「次のジャニーズワールドでは、世界観を完成させたい」という発言をしている。『ジャニーズワールド』の「完成」とは一体何を指すのだろうか。

 

 

 

ジャニー喜多川なき世界に向かって

佐藤:夢はでっかく、東京オリンピックオープニングアクトをやりたいです。一部でもいいから演出に加わりたい!ジャニーさんに、その姿を見せてあげたいです。

中島:確かに。改装が終わって新しくなった新国立劇場に最初にジャ二ーさんを連れていくっていうのはいい夢ですよね*17

 

今現在ジャニーが描く最も壮大な夢は、二〇二〇東京オリンピックオープニングアクトだ。ジャニーの夢がいつの間にか佐藤・中島らSexyZoneの夢にもなっている。オリンピックの運営側にどこまで届いているのかは分からないが、SexyZoneのバレーボールワールドカップのミュージックアンバサダー就任、オリンピックを意識した楽曲の製作、またより大規模なショーのためのSexyFamily結成など、ジャニーは本気でオリンピックを狙っているように見える。

だが、実はジャニーにとってオリンピックは通過点に過ぎないのではないか。ジャニーズ黄金期に二十代前後であったジャニーズグループの活躍がジャニーズニュータイプSexyZoneを生み出したように、オリンピックでSexyZoneが活躍することで新たにジャニーズを目指す少年を獲得することこそ、ジャニーの真の狙いなのではないか。SMAPや嵐は少年が憧れて自分の姿を重ねるには大きな存在すぎる。SexyZoneメンバーがジャニーに教育される前から、ジャニーズに憧れることでジャニーズとしての精神・振る舞いをある程度内面化していたように、オリンピックで生まれたジャニーズ少年もまた、ジャニーズの振る舞い・精神を内面化しているだろう。

そうなれば、たとえジャニーがいなくなっても、ジャニーズ自身が永遠にジャニーズを生み出し続けることができることになる。SexyZoneが、そして次に選ばれし少年たちがよりしろとなって、順番にジャニーの魂を地上にとどめ続けるのだ。このような永遠の「継承」を作り出すことこそ、『ジャニーズワールド』の完成なのではないだろうか。SexyZoneのデビュー曲『SexyZone』にはカップリング曲として前項で引用した『With you』ともう一曲『I see the light~僕たちのステージ~』が収録されている。平均年齢十四・四歳でデビューした美しく才能あふれる少年たちにジャニーはこのような一節を歌わせた。

    

僕たちのこれからを きみに捧げたい 永久(とわ)に…

『I see the light~僕たちのステージ』

 

  

果たしてオリンピックは、ジャニーズの手に落ちるのか。SexyZoneは先輩グループのようにジャニーズに憧れる少年を生み出し、ジャニーズの存在を永遠に近づけることができるのか。みんなが観るドラマもみんなが聴く音楽もない今、オリンピックはジャニーにとって、ジャニーズ少年を生み出す最後の砦だ。しかし、その使命は最年少グループが背負うにはあまりに重いものに感じられる。「Show must go on!」は少年たちにとって輝かしい未来への道しるべの言葉なのか、呪いの言葉なのか、今はまだ分からない。SexyZoneがグループとして過酷な試練を与えられる度に、私はジャニーにこう叫ぶ。

 

「プロデューサー、あんたは狂ってる!」

 ジャニーの返事はきっとこうだ。

「YOUたち、ジャニーズ マスト ゴー オンだよ」

  

 

 

*******************************

 

 

以上が、『F』に掲載した全文です。最後まで読んでくださった方、ほとんどいないかと思いますが、ありがとうございました。二年前のわたしのくすぶった思いが成仏した気がします。

これを書いた二年前から、ウェルセクコン、STAGEコンを経て、正直いまはSexyZoneの未来が明るいとしか思えないので、本当に五人に感謝ですね。

過去のことをいまさら…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、完全に未来が明るい今だからこそ、ブログに載せようと思えたので、そこは今もう本当にSexyZoneを信じています。やったー!!SexyZoneかっこいい!大好き!!!

 

 

この文章を載せてもらった批評同人誌『F』の主催者の一人は、ジャニーズについても著書がある矢野利裕さんなのですが、矢野さん先月お会いしたときも、「最近久しぶりに『Ladyダイヤモンド』聴いたら、良すぎてイントロだけで泣けてきたよ~~~」とか言ってたので大変信頼できる男です!笑

興味を持たれた方のために、ご著書のリンクを貼っておきます。

批評同人誌『F』もどの号もとてもおもしろいので、ぜひ手に取っていただければと思います!文学フリマというイベントで買えます。10周年だそうです!すごいね!!

 

ではでは健人くんのソロコン感想に戻りますーー!

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)

 
ジャニ研!: ジャニーズ文化論

ジャニ研!: ジャニーズ文化論

 

 

*1:SexyZoneとは二〇一一年に平均年齢十四・四歳とジャニーズ最年少でデビューした五人組アイドルグループである。「マイケルジャクソンのセクシーさを目指す」という謎のコンセプトと、「顔面偏差値東大級」という触れ込みが話題になった。メンバーは中島健人(二十一歳)、菊池風磨(二十歳)、佐藤勝利(十八歳)、松島聡(十七歳)、マリウス葉(十五歳)である。Sexy鬱とは、ここ最近の年長組三人と年少組二人の格差売りのあまりの激しさに、箱推しのファンが「なぜアイドルを見て悲しい気持ちにならなければいけないのか」と頭を抱える現象を自虐的に表現した言葉。中島健人が「Sexyわっしょい」「Sexy人間」「Sexyサンキュー」など、やたらとSexyという言葉を使うことからうまれた言葉でもある。五人でのレギュラー番組の突然の打ち切りや、年長三人のみのCD発売、コンサートや歌番組での衣装格差、年少二人がデビュー前のジャニーズJrと別ユニットを組むなど、これまでのジャニーズではあまり見られない状況だけに、SexyZoneファンのみならず多くのジャニオタの注目を集めている。逆に言えば、これまでジャニーズのグループは、一度デビューしてしまえば、自ら希望するか、違法行為でもおかさない限り、グループを脱退させられたり、解散させられることはなかった。

*2:大谷能生速水健朗・矢野利裕『ジャニ研!ジャニーズ文化論』(二〇一二年十二月 原書房)に詳しい。

*3:勝利」一番の見せ場である命綱無しの赤布フライング、「健人」一番の見せ場である三重人格のシーンも、それぞれ「生きること」と「ショーを作ること」の関係性を描いたものであるが、長くなってしまうため、暦ショーの意味付けとともに、改めて別の機会に論じることにしたい。

*4:実際、「Show must go on!」精神はファンの間でも共有されている。昨年末『紅白歌合戦』でSexyZoneはジャニーズJrたちとスネアドラムをたたくパフォーマンスを披露したが、楽器の配置ミスにより、佐藤勝利の前にスネアが用意されないという事件が起こった。その際、佐藤は大きく手を広げてリズムをとることで、まるで最初からそのような振り付けだったかのように見せ、ミスをフォローし、パフォーマンスを中断させなかった。SNS上では「まさにShow must go on!精神である」と機転を利かせた佐藤や動揺せずパフォーマンスを続けた他のメンバー、Jrを賞賛する声が上がっていた。

*5:「EndlessSHOCK 2015千穐楽」『明後日までは、とても待てない』(二〇一五年三月三十一日の記事より)http://moz.hatenablog.com/ 

*6:BSで放送されているジャニーズしか出演しない歌番組。番組名のため、家族にジャニオタであることを隠している場合には録画がためらわれる。

*7:bayfm「LOOK AT YOU-MA」(二〇一五年四月九日放送)

*8:WiNK-UP四月号』(二〇一五年三月 ワニブックス

*9:加藤シゲアキ『ピンクとグレー』(一〇一二年一月 角川書店)「ステージという世界の魔法、幻想に魅入られた幼なじみの二人の青年の愛と孤独を描くせつない青春小説。NEWS・加藤シゲアキ渾身のデビュー作。」

*10:矢野利裕「加藤シゲアキ『ピンクとグレー』が描くアイドルの本質とは?村上春樹作品との比較から考える」『リアルサウンド』(二〇一五年二月十二日の記事)

http://realsound.jp/2015/02/post-2468.html

*11:『Myojo三月号』(二〇一一年二月 集英社

*12:『SexyZone写真集 Sweetz』(二〇一二年八月 集英社

*13:『Myojo十月号』(二〇一二年九月 集英社

*14:『ポポロ五月号』(二〇一三年四月 麻布台出版)

*15:『ポポロ十月号』(二〇一三年九月 麻布台出版)

*16:日経エンタテインメント四月号 二〇二〇の未来予想図』(二〇一五年三月 日経BP社)

*17:前注と同。

実写版『心が叫びたがってるんだ。』感想

 

kokosake-movie.jp

 

実写版『心が叫びたがってるんだ。』今日7/22(土)の公開に先立って試写会で観させていただいたので、感想を書くよ。

原作のアニメ版にかなり忠実につくられた作品だと思うので、まあネタバレも何もないかもしれないですが、気にする方は注意してお読みください。もしくは観てからお読みくださったらうれしいな。予告編はこちら。

www.youtube.com

 

高校三年生の坂上拓実(中島健人)は、突然「地域ふれあい交流会(略してふれ交)」の実行委員に任命されてしまう。一緒に任命されたのは、誰ともしゃべらない成瀬順(芳根京子)、拓実の元恋人で優等生の仁藤菜月(石井杏奈)、ケガで夢破れた野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)だった…というところからはじまるお話。

 

 

順がなぜしゃべらないかというと、幼い頃に両親が離婚したのは、自分のおしゃべりのせいだと思っているからだ。しゃべろうとするとおなかが痛くなる。それは過去に大切な人を傷つけてしまった自分への「呪い」なんだと思っている。

映画の前半、始まってたぶん30分くらい経った頃は、そうか、これは順が王子様に出会って呪いを解いてもらう物語なんだって思ってた。

 

順が「ふれ交」の実行委員無理ですって伝えるために担任のしまっちょ(荒川良々)を探して音楽室を訪れるシーンが好きだ。

音楽室の中からかすかに聞こえる歌声。

おそるおそるのぞき込む順。

放課後のうすぼんやりした光の中で、『Around the World』のメロディにのせて「たまごに捧げよう BeautifulWord 言葉を捧げよう」とまるで順の頭の中の物語をなぞったような歌をアコーディオンで弾き語る拓実。

 

伏し目がちにアコーディオンを弾く端正な横顔に目を奪われてしまう。さっきまで、あんなにぼけーっと自転車こいでたのに。猫背でぼんやり歩いてたのに。わたしの心まで、順のときめきに共鳴してしまう。

 

中島健人くんは、普通の高校生坂上拓実の役作りとして「素敵に見えないように」「かっこよく見えないように」努力したと雑誌で話していたけれど、このシーンの説得力は中島健人の佇まいあってのものじゃないかと思う。おかげで順が「この人は私をわかってくれるたった一人の運命の王子様だ」と信じ込む瞬間が陳腐に思えず、観客は順の気持ちに寄り添える。

この作品はこういう、人の心が動いて少しずつ前に進む瞬間の積み重ねを丁寧に描いている。

 

 

 

 

結局「ふれ交」では、しまっちょに委員を任命された四人が中心になって順の考えた物語をミュージカルにすることになるのだけど、前半の「順が王子様に出会って救われる物語」が、途中からじわじわ反転していくのがすごくいい。

順の不気味なほどの世界に対するピュアさ、ピュアゆえの滑稽さ、滑稽さゆえの愛らしさには、周りを動かしていく力がある。芳根京子さんの演技がまた本当に人の心をつかむ。拓実や菜月や田崎やクラスメイトたちと一緒に、いつのまにか順を応援している。一緒に一歩踏み出したくなる。

 

担任から「お前、いつもそうやって自分の気持ち押し殺してるよな」って言われてしまう拓実は、予防線はって「別に俺なんて」って踏み出すことをためらいがちなタイプなんだと思うけれど、そういう拓実に順は「すごいすごい」「坂上君天才!」ってめちゃめちゃほめて、なんかやれるかもって思わせてくれる。順がおなか痛くなりながらそれでも伝えなきゃって必死な姿に、拓実は一歩踏み出す力をもらう。順を助けようとすることでむしろ拓実が救われていく。

 

拓実だけじゃない。菜月も田崎も、みんな順に動かされて一歩踏み出す勇気をもらっていく。

「ふれ交」当日、トラブルがあって急遽順の役を代役の子が演じることになるのだけれど、そのときにクラスメイトの衣装メイク係?の女子が言った言葉が印象的だった。

(本物でも代役でも)別にどっちでもいいよ。どっちでもわたしがやる仕事は変わんないんだし。

そして、こう続く。

どっちにしても絶対成功させないと。失敗したら一番しんどいの成瀬でしょ。

中心だったはずの順が不在にも関わらず誰も投げ出さないでミュージカルが滞りなく進んでいくことが、かえって順がクラスに与えた影響の大きさの証明になっていく。

 この「本物」か「偽物(代役)」かなんてどっちでもいい、という感覚は、この作品の中で一貫して響いているテーマでもあるかもしれない。玉子だって、「、」が余分な王子様の偽物だし。

 

順の書いた詞に合わせて『悲愴』と『Over the Rainbow』が混ざりあうように歌われるラストのミュージカルシーンは、二曲をマッシュアップしているので、順が想いを込めた歌詞はあまり聴き取れない。聴き取れないからこそ、「本当に伝えたいこと」の中身なんて、その瞬間ごとに変わるかもしれなくて、一つじゃなくたって、本物じゃなくたって、偽物だって、なんだっていいのかもしれないと素直に思わされる。

 

あの順の見た夢の中みたいなミュージカルで、順と拓実がお姫様と王子様になったのは一瞬だけだったけど、たしかに手をつなぎ、声が響き合い、それがクラスメイトに広がって、また新しい響きを生んでいった。「本当に伝えたいこと」の中身なんてきっとすぐ忘れちゃうけれど、彼らは、あの響きあった音色は、何かを伝えたいって歌った感触のことはずっと覚えているんだろうなって思う。

 

 一生忘れられない傷ついた言葉とか、うまくいかない親子関係とか、どんなに好きでも振り向いてもらいえない恋とか、「ふれ交」の後も『ここさけ』の世界は、相変わらずどうにもならないことだらけだ。 

けれど、心のどこかにみんなあの響きあった音色と屋上から見た真っ青な秩父の空の色を覚えていて、その美しい色を宝石みたいに大切にすることで、これから真っ黒な土砂降りや灰色の曇り空の日でも、明日を信じたり、自分を信じたり、他人を信じたりして、一歩前にすすむことができるのかもしれないと思う。

 

彼らが心の中に大切にしまった宝石の美しい色を取り出して見せてもらったような、そんな映画だった。 

 

 

 

 

『ユーリ!!! on ICE』を見てロシアに行きたくなった人に、本気でロシア旅行をすすめたい

 

久保ミツロウ先生のファンなのがきっかけで見始めた『ユーリ!!!on ICE』、めちゃめちゃおもしろくて、毎週楽しく見ています。

yurionice.com

 

 

先週のロシア回がとくに楽しみでした。なぜなら、今年の春にたまたまロシア(モスクワとサンクトペテルブルク)を訪れて、ロシアが大好きになってしまったから!!!

 

わたしが行ったときは、『地球の歩き方』がちょうど出ていないタイミングで、ロシアのガイドブックで手に入るものが『るるぶ』一冊だったし、個人の旅ブログも他のヨーロッパに比べて少なくて、正直「寒い、ボルシチピロシキ、寒い……以上!」みたいなぼんやりしたイメージしかなかったんですけど、

 

でも行ってみたら、ロシアとても楽しかったーー!!!

一気に大好きな国になってしまいました。また行きたい。だって、街並みがきれいだし、ごはんおいしいし、思ってたよりずっと人が優しいし、お買い物も楽しいんですよーーー!!

現地のロシア人の方も、「日本の人にもっとロシアを知ってもらいたい!!ロシアに旅行に来てもらいたい!!」と言っていたので、今日は、ちょっと本気ででロシア旅行をおすすめしてみたいと思います。おすすめしたい理由を6つの項目に分けてみたけど、予想外に長くなってしまいました…。

 

 

 

 

1、街も建築も、とにかく美しい

サンクトペテルブルクもモスクワも基本的に街並がとても美しいです。

f:id:chocomintholic5:20161128011134j:plain

 

 

『ユーリ』のロシア回に出てきたのは、赤の広場の「聖ワシーリー寺院」

f:id:chocomintholic5:20161130231921j:plain

 

 

不思議な外観だけでもインパクト大なのだけど、中に入るとさらに美しい。

f:id:chocomintholic5:20161128012458j:plain

 

わたしが行ったときは、ちょうど現地男性4人がボランティア?で歌うゴスペルが響き渡っていました。

f:id:chocomintholic5:20161128012443j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012422j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012431j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012511j:plain

ロシアの建築物って、外観は美しいけど中に入って残念…ということがなかった気がします。天井が高くて、内装もすみずみまで手の行き届いた美しい建物ばかり。

 

 

 

ヴィクトルの故郷、サンクトペテルブルクだと「エルミタージュ美術館」が有名ですね。

f:id:chocomintholic5:20161130231909j:plain

 

めちゃめちゃ広くて、歩いても歩いても、美しい部屋が続きます。

f:id:chocomintholic5:20161128011441j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011708j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011720j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130232039j:plain

 

 

 

 

 

「エカチェリーナ宮殿」も夢みたいにゴージャスな場所でした。

f:id:chocomintholic5:20161128011832j:plain

f:id:chocomintholic5:20161130005512j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161128011848j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011913j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011926j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011938j:plain

 

 

 

観光地の建物ももちろんきれいなのだけど、普通の街並みも落ち着いていてよかったです。個人的にはモスクワよりサンクトペテルブルクの街並みが好きでした。

f:id:chocomintholic5:20161128012821j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130005503j:plain

 

 

『ユーリ』のエンディングのユリオの写真は、サンクトペテルブルクの「ロシア美術館」のライオン像ですね。わたしは時間がなくて見られなかったんですが、もし放送後なら絶対行きたかった」!ライオンの前でユリオごっこしたかった!

f:id:chocomintholic5:20161128011117j:plain

artscape.jp

 

 

 

 

 

 

2、素敵なホテルに安く泊まれる

ここしばらくロシアルーブル安が続いているので、他のヨーロッパに行くことを考えると、かなりお安く素敵なホテルに泊まることができるというのが、実は一番のおすすめポイントかもしれません。『ユーリ』の第8話でヴィクトルや勇利が泊まっていたのは、こちらの「アエロスターホテル」がモデルですね。

f:id:chocomintholic5:20161130010025j:plain

aerostar-hotel-moscow.moscow-hotels.org

 

 

私が泊まったのは少し古めホテルだったのですが、美術館のような内装で、ときめきはもう最高潮…という感じ。

f:id:chocomintholic5:20161128012058j:plain

 

なんか、朝ごはん食べてると、いきなりハープの生演奏が始まるんすよ…

f:id:chocomintholic5:20161128012048j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161128012138j:plain

 ロシアの建物は、天井が高くてシャンデリアがぶらさがっていて、家具もクラシカルで重厚なつくりのものばかりなので、貴族になった気分が味わえて最高でした。そんなにお金払ってないのに…!他の国でこの雰囲気をこの金額で味わうのは絶対無理だと思います!!!ホテルの中はしっかり暖房が効いていてぽかぽかです。

 

 

サンクトペテルブルクのホテルでも、モスクワ行きの夜行列車を待つ間、ホテルのカフェバーでお酒を飲んでたら、ピアノの生演奏が始まって、贅沢気分すぎました。

f:id:chocomintholic5:20161130005444j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011336j:plain

 

 

 

 

 

3、乗り物がすてき 

 モスクワの地下鉄は、歩いてるだけでテンションがあがる美しさ。とくにソ連時代にできた駅はどれも贅を尽くした作りになっていて、まるで美術館を歩いているみたいです。

f:id:chocomintholic5:20161128011529j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128011540j:plain

 

 

 

モスクワとサンクトペテルブルク間の夜行列車も、クラシカルで、すてきでした。

f:id:chocomintholic5:20161201000241j:plain

f:id:chocomintholic5:20161201000215j:plain

 

 

 

 

 

 

 

4、ごはんがおいしい!「フクースナ!」

第6話でヴィクトルが言っていた「フクースナ!」はロシア語で「おいしい!」という意味。

わたしは特別グルメではないので、あれなのだけど、ロシア滞在中、わりと何食べても「フクースナ!」って言ってた気がします。

f:id:chocomintholic5:20161128011056j:plain

 

 まずは、ボルシチ。どのレストランにもあるので、いくつか食べ比べたのだけど、お店によって味がけっこう違います。これはポットパイのボルシチ。バターたっぷりのサクサクのパイをくずして、スープと一緒に食べる。おいしい。どの店でも、ボルシチにはサワークリームが別添えでついてきました。

f:id:chocomintholic5:20161128012116j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012127j:plain

 

 

 

あと美味しかったのは、ホテルの朝食で食べた「ブリヌイ」というクレープみたいな料理。日本のクレープよりモチモチ感が強いです。ロシアは日本よりジャムの種類が充実しているので、焼きたてのブリヌイをいろんなジャムで食べ幸せでした。 ブリヌイは、サーモンとイクラとチーズを包んでごはんにもなる。こっちもおいしい。

f:id:chocomintholic5:20161128011814j:plain

ちなみに ホテルの朝食、いくら食べ放題ーーー!!ひゃっほーーーー!!

f:id:chocomintholic5:20161201000226j:plain

 

 

ファミレスみたいなお店でもごはん食べたました。ナスとトマトのチーズ焼き、ボルシチ、ジャガイモのパンケーキ?みたいなメニュー。これにビールも何杯か頼んで、たしか3000円くらいだったと思います。

f:id:chocomintholic5:20161128013918j:plain

 

 

そして、なによりおすすめしたいのが、ファーストフード!!!!!!

特にジャガイモのファーストフード「クローシュカ・カルトーシュカ」というお店が超おすすめ。

f:id:chocomintholic5:20161128011950j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012000j:plain

 

ふかしたジャガイモにバターとチーズをたっぷりのせて食べるファーストフード。

20種類くらいからトッピング3種類選ぶのですが、そのシステムが全然わかってなくて、店員のお兄さんが英語で一生懸命説明してくれました。お兄さん超優しい。でも、全然言ってることが分からなくて、最終的に「おまかせで!」って言って注文しました。

 

 

 

で、出てきたのがこれ!

f:id:chocomintholic5:20161130005331j:plain

これが、めちゃめちゃおいしい!!!!

お兄さんが選んでくれたトッピングは、サワークリームとハムサラダとラタトゥイユ。熱々なので、サワークリームがちょっと溶けて、とにかくフクースナ!

日本とジャガイモの種類ちがうのかな。手のひらサイズの大きさで、ほっくほっくで甘くて、感動しました。飲み物セットでコーラをつけても、500円でおつりがくるし、おなかいっぱいになるし、すばらしい。

 

ヨーロッパのファーストフードって、安かろう、マズかろう、店員の態度も悪かろう…というイメージだったのだけれど、ここの店員さんはとても優しくて、一気にロシア好きになってしまいました。客層も、老若男女、おひとり様からファミリーまでいて、雰囲気が日本とちょっと似てて、落ち着いてごはんできたよ。

 

思い出してみればロシアのごはんは、たいてい店員さんがいい人で優しくて、いっぱい英語で話しかけてくれた。全然おそロシアじゃなかった!

 

ほかにも「テレモーク」というブリヌイのファーストフードも人気みたいです。ロシアはお財布にも優しい国だ!

f:id:chocomintholic5:20161130005128j:plain

 

 

 

 

5、お酒もおいしい!

ビールが水みたいに安いので、毎食飲んでました。夜行列車でも。これは「バルチカ」という名前のロシアビール。♯0~9までナンバーによって、ノンアルコールからストロングまでアルコール度数が違うのだけど、#3はたしかスタンダードな5%のやつです。

f:id:chocomintholic5:20161130003824j:plain

 

 

ワインもおいしい!ロシア料理といえばグルジアワインが有名です。

f:id:chocomintholic5:20161130005203j:plain

 

ロシアは、お酒に合う食べ物だらけでお酒好きには天国。酸味のある黒いパンにバターをたっぷり塗ってイクラをのせたら、すぐにワインが空になってびっくりした。

f:id:chocomintholic5:20161130010131j:plain

 

ボルシチに使うビーツのサラダ。ビーツはちょっと甘いので、添えてあるチーズのしょっぱさと合う。お酒ともめっちゃあう。

f:id:chocomintholic5:20161128012216j:plain

 

 

 

あとロシアのお酒と言えば、ウォッカ。アルコール度数が高いので凍ることはないのだけれど、冷凍庫にいれておいて、トロトロにして飲むのがおいしい飲み方らしいです。

f:id:chocomintholic5:20161128013951j:plain

 

 

 

 

 

 

6、買い物が楽しい!

現地のロシア人の方とお話ししたときに「ロシア人はね、買い物が大好きなんです。だからすぐショッピングモールを建てるし、平日昼間でもたくさん人がぶらぶらしてるでしょ?ロシア人って、貯金できないんですよー」ということを言っていました。意外だったけれど、たしかにロシアのお買い物、基本テーマパーク感があって楽しい!

 

  

モスクワのグム百貨店。赤の広場にあります。f:id:chocomintholic5:20161128012152j:plain

 

 

このイラストでお散歩している勇利とヴィクトルの背景がグム百貨店。夜はライトアップされます。なんていうか、夢の国です。『チャーリーとチョコレート工場』とか好きなら、絶対好きだと思います。

 

f:id:chocomintholic5:20161128012244j:plain

 

 

三月に行ったからか、日本の桜をイメージした展示がありました。

f:id:chocomintholic5:20161128012207j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130232010j:plain

 

 

このデパートのパン屋さんのピロシキがとってもおいしいよーって聞いたんだけど、食べそびれたからロシアまた行きたい。なんのピロシキ…。

f:id:chocomintholic5:20161128011041j:plain

 

グム百貨店は、とにかく食料品コーナーがすごい。

f:id:chocomintholic5:20161128012348j:plain

f:id:chocomintholic5:20161128012358j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130005423j:plain

 

 

f:id:chocomintholic5:20161130005246j:plain

f:id:chocomintholic5:20161130005153j:plain

f:id:chocomintholic5:20161130005142j:plain

f:id:chocomintholic5:20161130004028j:plain

f:id:chocomintholic5:20161130004005j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130003910j:plain

 

f:id:chocomintholic5:20161130003949j:plain

歩いてるだけでわくわくする。楽しかったです。

 

 

 

 

 

サンクトペテルブルクの超巨大デパート「ガレリア」もおもしろかったです。 

f:id:chocomintholic5:20161128012759j:plain

 

なんでもある。ユニクロも日本食レストランもある。スターバックスも入ってるから、ヴィクトルと勇利がもってる「マトリョーシカタンブラー」も買えるよ!ただし、モスクワ店のものと微妙にデザインが違うらしいです。

f:id:chocomintholic5:20161128012747j:plain

www.myzakuro.com

 

 

 

あとは、やたらと女性のルームウェアの店がいっぱいあった気がします。

f:id:chocomintholic5:20161128012549j:plain

かわいくないですか?

f:id:chocomintholic5:20161128012635j:plain

かわいいですね。

f:id:chocomintholic5:20161128012651j:plain

ちょうどセールの時期だったので買い込みました!!

 

 

おもちゃ屋さんもあるので、ロシア語でしゃべるこいつも買えました。

f:id:chocomintholic5:20161130003927j:plain

 

 

 

ロシアの楽しい思い出に浸っていたら、予想外に長くなってしまいました。最後まで読んでいただいてスパスィーバ!ロシアに行きたくなったという人が増えたらいいな!ロシア旅行ほんとにおすすめですよ!

 

 

 

以下、一応わたしが行く前に気になってたことをまとめておきます。

  • モスクワ、サンクトペテルブルク市内なら、それなりに英語が通じます。他の非英語圏のヨーロッパと変わらないと思います。
  • 看板や観光地の案内板、公共交通機関、スーパーマーケットの商品の表記などは、基本的に英語表記はほとんどないです。キリル文字が読めないと、本当に文字情報が入って来ない世界です。ホテルや「English menu」って看板が出てるレストランは、英語表記があります。わたしは同行者がある程度ロシア語ができたので全然勉強しないまま行ったら、文字情報が入って来なさすぎて、パラレルワールドに迷い込んだ感がすごかったです。アルファベットに似てるのに、読み方は全然違うから、毎日なんだか変な感じなんですよ。あまりに文字情報に飢えてしまい、ホテルでは日本から持参した本ばかり読んでいました。公共交通機関で移動することを考えると多少キリル文字を勉強していった方がよいかと思います。
  • カード使うのは心配な面もありますが、カードが使える店が多いです。街中の銀行にレートの看板が出ていて、日本円とルーブルが両替できます。ATMでもルーブルがひきだせます。大きなお店やホテルならドルやユーロも使えるようでした。観光地の有料トイレやおみやげの屋台は、ロシアルーブルの現金が必要でした。
  • 治安も、観光地として人気のヨーロッパの他の国と変わらない印象でした。現地の方とお話して気をつけてと言われたのは、スリくらいでした。
  • スターリン廟」だけ「No photo!!」って言われましたが、それ以外は写真撮ってOKでしたし、特別におそロシアなことなかったです。
  • わたしが行ったのは三月でしたが、日本の一月、二月の格好で大丈夫でした。お天気によりますが。晴れればコートが暑い日もあったし、みぞれの日は寒さで顔が痛かったです。でも現地にユニクロファストファッションのショップもあってすぐに防寒具を買い足せるので、そんなにビビらなくても大丈夫かと思います。
  • ビザが必要なので、計画があるなら早めにとりましょう。早めの方がビザも安いです。

 

まだまだ書きたいことはあるので、また書くかもですー。ダスビダーニャ!!

 

次のショーの幕が上がるその時まで、おやすみなさい―中島健人ソロコン『#Honey♡Butterfly』に行きました

8/5に中島健人くんのソロコンサート『#HoneyButterfly』に行ってきました。前半ラストの回だったのですが、私個人としては初日。いやー、超よかった!ずっと楽しくてときめいて、健人くんが蝶々っていう設定はよいなーってあらためて感動して、2時間ずっと感情が忙しかった。アイドルの中島健人くんはやっぱり自分にとって特別に好きな人だ。

 

とにかく書きたいことがたくさんあるし、何とかして言葉に残そうと思うんだけど、健人くんを見て好きだなーって思うのは、脳みその一番奥の部分という気がするから、いつも言葉にするのが難しい。セトリに沿って一曲一曲丁寧にレポするのにずっと憧れていたので、今回ついにやってやるぜ!と思って腕まくりしてパソコンを開いて気づいたのだけど、最初の数曲がちゃんと思い出せない。OPで健人くん本人がメインステージのせり上がりからドドン!って出てきた姿を見て「うわ健人くんまぶしいかわいいすききれいかっこいいすき…」って思って、そこから数曲分の記憶があんまりない。セトリ順は無理です。だから、まずはぼんやり全体について思ったことを書いていこうと思うよー。ということで、基本的に細かいセトリのネタバレは無しです。オープニングの映像の話はするよー。ぶわーっと最後まで書いたけど、結局ぐちゃぐちゃだ。もうさすがに眠いから、ここまでで明日以降に推敲します。前置きが長くなってしまったー。

 

 

 モルフォ蝶とハ二ー

『#Honey♡Butterfly』のコンセプトは、健人くんが蝶々になって、ファンであるハニーという蜜を吸いにゆく…というもの。蝶々って言ってもただの蝶々じゃなくて世界一美しいとされる「モルフォ蝶」。

matome.naver.jp

現在のメンバーカラーがモルフォ蝶と同じ青色っていうのもあるんだろうけど、世界一美しい蝶を自ら名乗るのが中島健人くんらしくて、その時点でニコニコしてしまう。今回のソロコンは、メンバーごとにグッズをプロデュースして出しているのだけど、健人くんのグッズは「モルフォ.K」。

発表されたときにファンの間でも激震が走った「モルフォ.K」というネーミング。実は、蝶々のイヤーカフです。私も買った!つけると、ほんとに青色と金色の蝶々が耳にとまっているみたいで、かわいい。なんとか普段使いできるかもってラインのグッズ、すばらしいです。

このグッズにも貫かれている「健人くんが蝶々になってハニーたちの蜜を吸いにいく」ってコンセプト。ステージを観るまでは可愛らしいコンセプトだなあくらいに思ってだのだけど、実際に観て『胡蝶の夢』だなって思って、そうだとすると、めちゃくちゃアイドル中島健人だ…ってものすごっく感動したので、以下それについて書いてみる。

 

 

 『胡蝶の夢』のはなし

胡蝶の夢』は、私はたぶん高校の倫理?の時間かなんかに習った記憶がある荘子の文章。胡蝶っていうのは蝶々のこと。

胡蝶の夢 - Wikipedia

 

中国、戦国時代、思想家である荘周が胡蝶になった夢をみた。
自分が夢の中で蝶になったのか、それとも夢の中で蝶が自分になったのか、自分と蝶との見定めがつかなくなった*1

 

 

荘周さんという人がある日、うたた寝をしていたら、夢の中で蝶々になっていた。自分が人間であることも忘れるくらい夢中でひらひら舞うことを楽しんでいたのに、ふと目が覚めるとやっぱり人間のままだった。けれど、本当に人間の荘周が現実なのだろうか。人間の荘周こそ、蝶々の荘周が見た夢かもしれない。人間の荘周が現実で、蝶々の荘周が夢だなんて誰が決められるだろうか。

 

というようなお話。この『胡蝶の夢』は学校で習って覚えてるっていうよりは、本当によくアニメとか映画のモチーフになっているので後から何かで読んで知った気もする。こちらのブログがめちゃめちゃ詳しいです。

『マトリックス』と胡蝶の夢。 | 人生朝露 - 楽天ブログ

 

『#Honey♡Butterfly』の話をする前に、『胡蝶の夢』が下敷きになっているとされる有名なセリフをいくつか引用してみる。

 

疑似体験も夢も、存在する情報は全て現実であり...そして幻なんだ。どっちにせよ、一人の人間が一生のうちに触れる情報なんて、わずかなモンさ。『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

起きてるのかまだ夢をみてるのかはっきりしない感覚って味わったことないか?(You ever have that feeling where you are not sure if you're awake or still dreaming?)『マトリックス』 

今は世界が逆転したみたいだ。あっちが現実でここが夢に思える(Everything is backwards now, like out there is the true world, and in here is the dream.)『アバター

例えば、『アバター』では主人公が車いすで生きる現実の人生と、アバターとして自由に飛び回る仮想現実の世界、自分のとってどっちがホンモノ?みたいな話の中で、このセリフがでてくる。

 

 

 

 

中島健人と『胡蝶の夢

小学生のころ、『遊戯王』を読んで海馬というキャラクターに憧れてロングコートを裾を翻しながら登校してたというエピソードが大好きなのだけど、健人くんは昔からお話の中のキャラクターになりきる遊びをよくするっぽい。そして、素の自分も、キャラクターになりきっている自分も、同じように大切にしている感じがする。健人くんにとって「アイドル」も同じようなものなのかなと思う。

 

"嘘は罪でもあり、時に奇跡を起こす"。アイドルもそういうものかもって。俺なんて一年中エイプリルフールかも(笑)。しかし俺の場合、むしろ素の俺が嘘で、みんなに見せてる姿が本当の自分かもなー。それくらい、"アイドルでいよう!"とする自分に、生粋さを感じてる

*2

 このインタビューで健人くんは、「アイドル」やっている自分を「嘘」だって言っているんだけど、同時に「素の俺が嘘で、みんなに見せてる姿が本当の自分かも」って言っている。しかも、ファンへのリップサービスじゃなくて、本気でこう思っているのかなと感じさせてくれることが多い。もしかするとご両親の考え方も大きいのかもしれない。以前、ラジオでこんなことを言っていた。

両親はちょっとロマンチストなのかな…?テレビ観てても「あーーLOVEじゃないね」とか言う。「トキメキが足りない」とか。で、「おまえさぁ、実体験がすべて顔に出るとかって言うけど、想像の域でも出る部分は出るんだよ。想像力を大切にしろ!」って怒られるんですよ、常に。

*3 

 

こういう考え方の人だから、もともと『胡蝶の夢』との親和性はとても高い。

 

健人くんと言えば、デビュー直後のファーストコンサートで少年隊の『星屑のスパンコール』を歌う前に

「ファンのみなさんは、僕たちにとって恋人です」

と言ったエピソードが有名だ。

「実は僕、ラブホリックなんですよ(笑)ラブストーリーが大好きで、もう夢中ですね。現実の僕の恋人はファンの皆さんですから、特定の子との恋はラブストーリーを通して疑似体験しているのかもしれない」  *4

この発言がひとり歩きしてしまって、「ラブホリ先輩」とか「ラブホリ王子」って呼ばれてバラエティ番組で「甘い言葉」を求められることも多い。デビュー当時のこういうふるまいは、本当に多くの人を幸せにしてきたのだと思うけど、健人くん自身は大人になるにつれて、この発言に苦しめられることもあったのではないかと思う。今年の何かのインタビューで、

ジャニーズに入った中学生のころ、アイドルとしてトップになるためには寄り道なんてしていられないと思って、プライベートで女の子とかかわるのをやめた

 という話をしていた。*5中島健人くんは私が知っている限り、ゴシップ記事が出たことがない。週刊誌の追いかけられても、テレビ収録でお茶碗にごはんつぶが残っていたぞ!みたいな記事ばかりだ。普通にモテるだろうし、デートだってなんだってしたいだろうに、健人くんは、アイドルという職業に対してストイックにいろんなことを我慢をして、自分の理想の「アイドル像」を守ってくれているのかなと思う。そういうところが本当にすごいと思うし、一方で心苦しいというか、アイドルの人生に健人くんを縛りつけているようで切ない気持ちになることもある。健人くんのゴシップ記事がでることよりも、それによって「ファンのみなさんは、僕たちにとって恋人です」が嘘になって、ファンが傷ついたり、ファンが傷つくことに、健人くんが傷つくのが嫌だなって思っていた。でも、もしも健人くんが『胡蝶の夢』のように、ステージ上の自分もプライベートの自分も等しく大切なものだと思っているならば、「ファンのみなさんは、僕たちにとって恋人です」という言葉は一生嘘にならない気がする。それって、ものすごい発明なのではないか、世界中の人をハッピーにする魔法なのではないか、って思ってコンサート中ずっと感動していた。

 

 

 

 

 『胡蝶の夢』と『#Honey♡Butterfly』

うまく伝えられている自信がないのだけど、最後に、実際にコンサートのどういうところに『胡蝶の夢』を感じたかを書いてみる。ここから少しだけネタバレ。

開演直後に私が記憶をなくしたのは、OPの映像がめちゃめちゃ良かったからだった。曲は新曲の『Hey Summer Honey』で、映像の内容はこんな感じ。

 

TDCホールの客席、アリーナ中央あたりにTシャツとGパンの普段着っぽい健人くんが一人で座って手鏡を見ている。カメラに気づいて、立ち上がって、こっちにおいでって誘導してくれる健人くん。客席の後ろを通って舞台裏に案内される。楽屋では今回バックについてくれるJrのみんながステージ衣装で健人くんを待ち構えていて、モルフォ蝶をイメージしたひらひらブルーのジャケットを着せてくれる。ステージ衣装をまとった健人くんが映像の中で一曲目のスタンバイをする


もう、本当によい。映像の中でスタンバイした健人くんが、そのままバアーーーンって実際のステージに出てくる。Jrのみんなとのやりとりが楽しそうなこと、ワンカメショー的な演出、新曲がかっこいいのがよい。さらに個人的には、ステージ裏からはじまること、ステージの下と上をひと続きに見せてくれたこと、小道具として鏡を持ってたことに、『胡蝶の夢』を感じてぶわって鳥肌がたった。

 

「鏡」って映画とかでよく、パラレルワールドや異世界に行くための入り口みたいな役割を持つ。鏡を見ているうちにモルフォ蝶になって気づいたらステージの上って、よく出来すぎてないですか???ひとりの男の子としてステージの下からアイドルに憧れていた普通の男の子だった中島健人くんが、*6鏡を見ているうちに、気づいたらステージの上に立って蝶々のアイドル中島健人くんになってたという感じがこのOP映像に表れていて本当に最高すぎる。 

他にも、中盤で健人くんがうたた寝をしているうちに、気づいたら衣装を着替えていて、それまでの曲と別のストーリーの中を生きる感じの演出があるのも『胡蝶の夢』っぽくて好き。

終盤で「Butterfly」にちなんだ歌をやるとき、健人くんがセットごと蝶々になった後(伝われ!)、そのセットから抜け出して死ぬほどかっこよく歌い踊る演出がある。この時の衣装が右肩に小さく蝶々の刺繍がしてあるのがとてもよい。蝶々が男の子の姿になったり、蝶々に戻ったりする感じで漫画みたいに素敵。言葉が足りない。

 

 
みんなで素敵な奇跡を起こしましょう!

健人くんが今回のコンサートのラストで言ってた言葉。ちょっとどうかと思うけど、健人君は本気で本気でファン全員と直接会って元気をあげたいって思っている節がある。そんなの実際には無理だ。けれど、どうにかこうにかコンサートを通じて健人くんは本当に会うのと同じか、それ以上のことを起こそうとしているのかなと思う。

アイドルはやっぱりフィクションだから、私は健人くんのことを本当は何も知らない。毎日顔を見るし、誕生日も血液型も肩幅も苦手な食べ物も知っているけど、それ以外は知らない。アイドルがフィクションな存在であることに傷つく日もあるのだけれど、フィクションだからこそ救われる日もある。わたしは救われることが圧倒的に多い。

そういう感覚を、アイドルとかステージ上でキラキラ輝く人たちのことをまるで身近な恋人や家族や友人のように大切に思って、頑張っている姿に救われてしまう気持ちを中島健人くんは、本当に本当に分かっていて、ファンの人に何とかその気持ちに応えたいたいと思っているんじゃないかと思う。

その健人くんなりのこたえが『#Honey♡Butterfly』には詰まっている。と思う。

ご両親の教育や健人くん自身のもともとの資質もあるんだろう。けれど、「ラブホリ」という言葉が広まって『JMK』やったり甘い言葉を求められたりして健人くんが歩んできた道で見つけたこたえなのかな、と思うとすごいって泣きそうになる。普通「ファンのみなさんは、僕たちにとって恋人です」のこたえなんて、見つからないよ。

 

以前、2015年の新春ジャニワについて、こんな記事を書いた。

chocomintholic5.hatenablog.com

この記事で健人くんについて「フィクションを重ねた先にこそ健人くんリアルがある気がする」ということを言っているのだけど、この2015年のジャニワのラストで健人くんは

「次のショーの幕が上がるその時まで、おやすみなさい」 

というセリフを毎回言う。ここがすごく好きだったのだけど、『胡蝶の夢』を補助線にすると、このセリフも『#Honey♡Butterfly』とつながっている気がしてくる。

 

中島健人くんのことを考えると、自分の人生をかけてアイドルを貫こうとする姿勢が、とても愛しくて、とてもとても尊くて、そしてちょっと切ない気持ちになる。『#Honey♡Butterfly』ほんとうに素敵なコンサートだった。私は明日(もう今日だね)で最後だ。

 

 

*1:http://kotowaza-allguide.com/ko/kotyounoyume.html

*2:『テレビジョン』2015年4月

おしごとけんと (@oshigoto_kento) | Twitter さんから引用させていただきました。

*3:2015年7月『よんぱち』

恋する健人 (@koisurukento) | Twitter

さんから引用させていただきました

*4:『QLAP』2011年12月

*5:何で話していたか思い出せないので、わかる方教えてほしい

*6:中島健人くんは、ジャニーズが大好き。めちゃめちゃ強火の山田涼介担。

恋を勉強中の君へ―『時をかける少女』第2話のはなし

時をかける少女』第2話をやっと見た。

あいかわらず、未羽、吾朗、翔平の青春きらきらっぷりがまぶしい。恋愛を参考書で勉強する未来人かわいい。第2話は未羽たちの担任、数学の矢野先生がメインの回で、先生役が加藤シゲアキさんなのが、とてもよかった。

 

未羽は進路面談中に、矢野先生にこんなことを尋ねる。

「あの、生徒に恋したことありますか?」

「何だよ急に、ないよ、あったら問題だろ」

「だけど、生徒に恋されたことはありますよね?」

「なんで?」

「先生はその子のことどう思ってたんですか?」

「ないよ、恋されたことなんて」

「前の学校で、ほんとにありませんか?」

「勘違いしそうになったことはある、かも」

「勘違いじゃないです」

「結局わからなかったし、もうわからないんだ。余計な事言いふらすなよ」

 

タイムリープによって、かつて矢野先生のことが好きだった女の子の存在を知ったからだ。

今回タイムリープするきっかけになったのは、クラスメイトの西岡君。未羽たちは、西岡君が二年前に心臓の移植手術をうけたこと、それ以来なぜか高いところが好きになってしまったこと、そしてなぜか毎日決まって20時20分になると胸がドキドキすることを打ち明けられる。おそらく、心臓を提供してくれたドナーの影響なのだろうと。

 

過去の世界で出会った西岡君のドナーこそ、矢野先生のことを好きだった女の子だった。ギリギリまで図書館で勉強をし、矢野先生が20時20分の電車の乗る姿を見届けてから帰る。それが彼女の習慣だった。先生と生徒という関係性だから、声もかけず、見ているしかなかった女の子。秘めた恋心を一度も打ち明けられず我慢したまま、二年前に自転車事故で亡くなってしまった女の子。

 

想いを伝えないまま死ぬなんて悲劇だ。超悲劇。あの子の恋心がないものにされてる、確かにあったのに。

 

別にモノを撮らなくてもいいんじゃない。時間を撮れば。未羽がどんな一瞬を残したかったのか見てみたいけどな。写真っていいよね、一瞬をずっと先まで残せるんだもん。

 

彼女の想いを何とかして矢野先生に伝えたいと思った未羽は、翔平の助言をきっかけに「恋している瞬間」を写真に撮ることにする。彼女が駅で矢野先生を見つめる横顔。

そして、矢野先生の下駄箱にその写真を入れておく。

 

 

「過去を変えたいんじゃないの!ただ知りたいだけ!」とタイムリープしまくり、秘められたままだった恋心を知って勝手にカタチにして矢野先生に見せてしまう未羽は、ある意味でとても残酷だ。あの女の子は本当にそうしてほしかっただろうか。それによって誰かが救われたのだろうか。

残酷だけど、真っ直ぐで無邪気な強さがまぶしくもある。人の、大切な気持ちを知ることを恐れていない。 何かを余分に知るということは、何かを選ぶことにつながるし、それは、つまり何かを選べないということだ。一人の女の子の想いを知ってしまえば、きっと生きててもらいたくなる。でも、その子の命を救って運命を変えてしまったら、心臓移植を受けた西岡君の命が助からない。

知ることを恐れず無邪気にタイムリープしていた未羽は、自転車事故に遭う彼女を助けられない痛みを味わうことで、初めて知ることの重みを実感する。

 

死んでしまうと分かっている人に何もできない無力さ。

未羽がカタチにしたことで矢野先生は救われただろうか。女の子は救われただろうか。 

 

 

でも、未羽の行動に意味がなかったわけじゃない、と思う。

未羽がタイムリープして女の子のことを知っていく過程は、過去の出来事なのに、まるで新しい物語を紡いでいるみたいだった。無数にある過去の瞬間を、切り取って、未羽の視点でつなげる。

祈りとか願いって、普通未来に対してのものだ。でも「思いを伝えないまま死ぬという悲劇」をなんとかして回避したいという、未羽の祈りにも似た気持ちは、もしかすると過去にも通じるのかもしれない。未羽の「こうあってほしい」という視点を通すと、過去の世界がとても美しく愛しいものに思えたからだ。

 

 

 

想いを伝えられる矢野先生役の加藤シゲアキさんは、ご存知の通り小説家でもある。私は『ピンクとグレー』を一年半前に読んだ。友人にすすめられて『傘を持たない蟻たちは』も購入したけれど、まだ読んでいない。(すみません早急に読む)

『ピンクとグレー』はとても好きな作品だった。すでに死んでしまった蓮吾の物語を、河田が紡いで小説や映画というカタチにする話だと思っている。物語を紡いでも、喪った人は戻ってこないし、誰も救えないかもしれない。でもそれでも紡ぎ続ける。無力感に打ちひしがれながら、それでも過去と未来に向けて祈るような作品だと思った。(本当に勝手なことを言っていると思うすみません。でもそんな印象がずっと残っている)

 

 

 

だから、第2話を見て矢野先生を加藤さんが演じることに運命めいたものまで感じてしまった。知ることの痛みを、物語を紡ぐことの痛みを知っている人。過去と未来への祈りと、その無力さと、それでも祈り続ける意味を、知っている人。矢野先生は、彼女の想いを知って救われたのだろうか。

 

 

 

 

 次回(といってももうもうすぐですね)は、文化祭回で「ロミオとジュリエット」やるみたいです。恋をしてはいけない二人の物語。なんですが、なぜか翔平がジュリエット役???矢野先生がパラパラ踊る????毎回、三角関係とは別に深町親子の食事シーンにもときめいてしまうのですが、翔平のお母さんの過去もそろそろ明かされそうですし、最終回の展開にもがっちり絡んできそうですし、楽しみです。

 

第1話のざっくりとした感想。

chocomintholic5.hatenablog.com

 

 エンディングテーマもとても素敵です。

恋を知らない君へ

恋を知らない君へ

 

 

恋を知らない君へ―『時をかける少女』第1話のはなし

やっと、わたしたちの夏がはじまりましたね。いや、ドラマ『時かける少女』がはじまりました。

www.ntv.co.jp

『ごめんね青春!』の委員長役で超かわいい!と思っていた黒島結菜ちゃんが主演。何度も映画化、ドラマ化してきたこの作品ですが、今回のドラマは原作ともこれまでの作品と大きく違う部分があるとのこと。それは、深町翔平(細田版では千昭ポジション)が未来人であるという前提が視聴者に明かされていることです。第一話目は、深町たちが未来からタイムリープしてくるシーンから始まりました。最初から現代を生きるヒロインの視点と未来人の視点が平行して描かれるんですね。

実は私、この構成をとても心配していました。だって大林版も細田版も、ずっと身近にいると思っていた人が実は…って分かる瞬間がクライマックスじゃないですか!!このクライマックス無しの『時かけ』がどうなるのか…。

でも先週、実際に見てみて、未来人の視点で始まる『時かけ』良いじゃん!って素直に思って続きが楽しみです。考えてみれば、アニメ版を何度もテレビで放映済みの今、みんながうっすら分かっていることをラストまで引っ張っても、逆にお茶の間総ツッコミ状態だったかもしれないなと思います。 

 

  • 「恋を知らない君」はだれか 

今回のドラマ、何が良いってNEWSさんの歌うエンディングテーマ『恋を知らない君へ』がとてもよいです。NEWSの加藤シゲアキさんは担任の先生役で登場しています。(ところで加藤さん数学の先生なのなんでですか?個人的には社会がよかった。理系でも物理がいいなー。勝手なイメージです。) 

嗚呼 いかないでと願うだけで

もう一度と願うだけで こんなにも痛いのなら

友達のままでよかったのに

 

翔平はいつかきっと未来に戻ってしまう。残される未羽の切なさをまるごと歌っているような曲です。

嗚呼 あなただけは消えないで 戻れるならあの夏へ

 

今回の『時かけ』、現代人の芳山未羽と未来人の深町翔平の視点を並行して描くことで、二人の対比が鮮やかになっていると思うんですが、実はこの二人、どちらも「恋を知らない」んですよね。

 

「恋」に恋している未羽。「恋」という感情がない未来からきた翔平。

 

この歌詞の「あなただけは消えないで」という言葉がずっと気になっています。普通に読んでいくと、「消えてしまうあなた」も未来に帰る翔平なんだけど、「未来で待ってる」翔平視点で「消えてしまう」のは未羽。「未来」というのがどのくらい先なのかは分かりませんが、タイムリープする薬が開発されているくらいずっとずっと先だから、未羽の生きていた痕跡さえ消えてしまっているかもしれない。

翔平が未来に帰ってしまうとき、翔平が現代で過ごした証拠は、未羽の胸の中にしか残らない一方で、未羽という個人が確かに生きていたという証拠も、翔平の胸の内にしかないのです。

 

  • 知らないから切ない、知っているから切ない

相手が未来に帰ってしまうことを知らないまま、翔平に恋する未羽。

未来に帰らなくてはならないことを知っていて、未羽に恋する翔平。

「知らない」のと「知っている」のは、どっちが切ないんでしょうか。

 

未羽は「別れ」を知らず、翔平は「別れ」を知っている。そして、翔平は「夏」を知らず、未羽は「夏」を知っているんです。

第一話は未来人のシーンから始まると書きましたが、タイムリープしてきた深町翔平ことケン・ソゴルが手にしていたのは、『夏を知らない君へ』というタイトルの写真集。ケン・ソゴルたちが生きる未来は季節がなくて「夏」もないらしい。彼はその写真にうつる「夏」を一つ一つ確かめるために現代に来たのかもしれません。

第一話を見ていて、夏服の眩しさと日に焼けた腕だとか、夏祭りの喧噪と帰り道の静けさだとか、水道の蛇口の鉄の味だとか、学校の屋上の特別感だとか、一つ一つのシーンが「青春」って感じでキラキラしていました。

人が何かに「青春」って名付けるとき、その何かは失われていることが多い気がします。あんなキラキラした「青春」一度も味わったことなんてないのに、どこか懐かしいというか。 ケン・ソゴルが一つ一つ夏を見つけていくように、見ている私たちも一つ一つ「青春」を見つけていくような気分でわくわくできる第一話でした。

 

夏のない世界から来たケン・ソゴルが「夏」に憧れるように、わたしも「青春」や「恋」に憧れながらドラマを楽しみます。自分の青春はこんなにキラキラしてなかったですっていう私のような大人こそ楽しめるドラマなのかもしれません。

ということで今夜も楽しみ!!!

  

 

 

ここからは余談ですが、ヒロインの黒島結菜さんは現在、大学で写真を勉強しているとバラエティ番組でお話ししていたのだけど、もしかするとドラマの役どころを少しキャストに寄せてたりするのかな。ヒロインの未羽は腰を痛めてボート部を辞め、写真をはじめたところ。

だとすると、翔平も菊池風磨くんに少し寄せているんでしょうか。現代に夏を見つけにきた翔平を演じる菊池くんは、もともと夏という季節が好きだと公言していて夏を愛おしむ『 My Lovin' Season』というソロ曲を作詞作曲してしまうほど。

 波の音も 焼けた砂も アルバムに残らない君の声も

何もかもが愛しいから 最後の一秒まで笑ってたいな

思い出にはまだしない My Lovin' Season

このあと、ラップ部分で、こんな箇所もあります。

夏の終わりを知らないわけじゃない 思い出を紡いでも戻れやしない

空に上げて 合図 また花びら舞い 空見上げて 曖昧に語り出すふいに

また来年集いたいなんて 毎年ながらも切なく響く    

ただ今はこのまま暫く 儚く舞う花びらのごとく

潮の香り 星空 つなく手と手ほどいて

地平線 その先 新たな季節へ それぞれ

 

この『My Lovin' Season』はちょうど一年前の2015年7月、SexyZone『Cha-Cha-Chaチャンピオン』のカップリング曲として収録された曲。まるで深町翔平役が決まっていたかのような歌詞なんですよね。菊池くんのソロ曲は最初の『Rouge』(2012年頃)からどの曲も「さよならの時を知っているからこそ、今この時とここにいるあなたが愛しい」というテーマでつながっているように思います。

 

「夏」っていうのは、「終わり」があるからこそ、儚くて美しくて切ない思い出になる。たぶん「青春」も「恋」も。そんな歌をつくっちゃう菊池くんの「恋を知った未来人」の演技もたのしみにしています!!

 

  

深町翔平役の菊池風磨くんのコンサートレポートも良かったら!

chocomintholic5.hatenablog.com

  

時をかける少女 (角川文庫)

時をかける少女 (角川文庫)

 

 

大切なものを失うこと/守ること―演劇女子部『続・11人いる!東の地平・西の永遠』を観てきました

二年ほどまえに『リリウム』の話を聞いてからずっと観たかった演劇女子部。今回大好きな萩尾望都先生の『続・11人いる!』の舞台化ということで、ハロオタの妹にお願いしてチケットをとってもらい、一緒に観てきました。

こちらが公式ページ。 http://www.zoku11.com/

 

宇宙規模のお話をどう舞台化するのか、両性雌雄体のフロルがどう演じられるのか、原作ファンとしては不安も大きかったのですが、予想以上に良い舞台だったので、いま泡沫サタデーナイトのPVをかけながら感想書いてます。石田さんPVでは可愛い女の子なのに何度見てもときめくし、工藤さんが映るたびに「…かわいい」って声にでちゃうし、小田さんと譜久村さんが並んでると、あのシーンを思い出して泣ける。

以下、普段はSexyZoneを応援しているジャニオタが書いたものなので、見方がおかしかったり間違っていたりするかもしれません。温かい目で読んでいただければと思います。私が観たのはEAST公演なので、EASTの感想です。

 

もともと原作の『続・11人いる!』は、バセスカがメインの物語なのですが、今回の舞台ではバセスカとフォース、タダとフロルの関係性がクローズアップされていたと思います。原作はこちら。

11人いる! (小学館文庫)

11人いる! (小学館文庫)

 

 

  • バセスカとフォース

EAST公演で個人的に一番の見どころだったのは、譜久村バセスカと小田フォースの歌の掛け合いのシーン。もう、ここで、めちゃめちゃ泣いた。びっくりするくらい泣いた。

かつて宇宙大学入学試験で苦楽を共にした親友の二人。バセスカが若き王として治める東の国「アリトスカ・レ」と、フォースの故郷である西の国「アリトスカ・ラ」はもともと兄弟国。…だったのですが、伝統ばかり重んじて貧乏になってゆく東の国の行く末を心配したバパ大臣と、アリトスカを狙う隣国ドゥーズの陰謀で、二国の関係は引き裂かれていきます。同時にバセスカとフォースの友情もまた引き裂かれる。

西の国の和平使節団を殺害した濡れ衣を着せられ追われるバセスカ。

家族を人質にとられ、国の名誉を背負わされ、バセスカへの報復を言い渡されるフォース。

「振り向くな」とバセスカに銃を構えながら、「国のため家族のためお前を撃たねばならぬ」という小田フォースの歌には、最初から強い覚悟が滲んでいたように感じられました。選べないものを天秤にかけられ、どんどん追い詰められていったフォース。小田さんの圧倒的な歌唱力が、フォースのそんな覚悟と絶望に説得力を持たせていました。

小田フォースの歌が力強くてエモーショナルだった一方で、「絶対に生きて国に帰らねばならぬ」という譜久村バセスカの歌はどちらかというと感情を抑えた印象。でもだからこそ個人の感情ではなく、マヤ王としての責任と誇りとを背負っている人の誠実な苦悩と静かな覚悟が伝わってきました。後から妹に譜久村さんが今のリーダーなのだと聞いてとても納得。小田さんと譜久村さんの、悲劇の背負い方の対比がとても良かったです。

 

国・家族と親友、どちらも捨てられなかったフォースは、「お互いの国のために戦争を終わらせてくれ」と言い残し、バセスカの目の前で自ら命を絶ってしまいます。親友の命という大切なものを失ったからこそ、バセスカの国を守る決意は一層固くなる。二人がカーテンコールで一緒に登場して、固い握手を交わしたとき、私の涙腺は再び崩壊しました。フォースの魂は、バセスカと一緒にアリトスカを守っていくんだね…泣

自分にとって大切なものを守るためには、何かを選び、何かを失わなくてはならない。でもその喪失こそが、別の大切なものを守るための強さを与えてくれる。原作にも描かれているこのテーマが、二人の歌と演技によって際立っていたように思いました。

 

 

  • タダとフロル

石田タダと工藤フロルも大好きでした。工藤フロルがとにかく可愛い。時に少年の声に、時に少女の声に聞こえる工藤さんの声は、本当に伸びやかで魅力的。原作で大好きだったフロルが、血の通った身体を与えられて目の前で動いているのに感動しました!工藤フロル、まっすぐで気が強くて無邪気で可憐なフロルでした。

この工藤フロルの可愛らしさを引き出しているのは石田タダなのかも、とも思いました。思慮深くて優しいお花の香りがしそうな美少年。石田タダ、線が細くて背も工藤フロルの方が少し高いし、愛してるって全然はっきり言えないんだけど。でもこういう人の横にいたら、まっすぐに幸せに生きられるのかもと思わせる何かが石田タダにはありました。

 

フォースの想いを受け取り、タダ、フロルとともにアリトスカ・レに帰ったバセスカは、バパ大臣の策略により、兄のトマノに王位を譲るための署名を求められます。当然、署名を拒むバセスカ。そこで、もし署名をしなければフロルの指を一本ずつ落としていくと脅される。

ここまでは原作通りなんですが、今回の舞台ではタダがフロルの身代わりを申し出て

「フロルが傷つく必要なんてない!代わりに僕の指を落とせ!」*1

と言うんです。ここで私、石田タダに恋しましたよね。一気に胸が苦しくなった。

これが、タダにとってフロルを愛することなんだと思ってしまって。両性雌雄体のフロルにとって、タダのために女性になることは、大切なもののために別の大切なものを失うことなんですよね。女になる運命に生まれた末っ子フロルは、男になることに憧れて「女になるくらいなら死んだっていい」という覚悟で宇宙大学の試験を受けに来た。でも、そのフロルがタダと出会って女として生きることを選ぶ。つまり男になるという未来を失う。フロルのその喪失の痛みを分かち合うこと。できるならフロルに降り注ぐ痛みを出来るだけ肩代わりすること。原作にはないセリフなのに、タダの愛の深さを感じて泣きそうになりました。

テレパスの才能をもつタダにとって、手指というのは相手の感情を読むための大切な武器。そんな大切なものを、フロルのために失ってもよいとタダがとっさに判断できるのは、すでにフロルが自分のために大切なものを失う覚悟をしているのを感覚的にわかっているからなのかもしれません。腕力で助けられなくても、愛してるって言葉にできなくても、そういう大事なことをちゃんと分かっているタダは本当にかっこよかった。

 

大切なものを守るには、何かを失う覚悟を持たなくてはならない。でも、そんな喪失の痛みを分かち合うことで、きっとそれまでより強くなって、もっと大切なものを愛すことができる。守ることができる。タダ・フロルパートもバセスカ・フォースパートとテーマがつながっていると感じられました。

 

この演劇女子部、カーテンコールで演者が一人だけ代表で挨拶をすることになっているようなのですが、私が入った回は工藤さんの挨拶。ちょっと照れながら「茶髪ロングのかわいい子で検索してもわたし出てこないんです。いつもは黒髪ショートのかわいい子なんです」っていう工藤さん、最後までフロルすぎた。しかも石田さんが「ほんとかわいいよねぇ」ってナチュラルに言って、また工藤さんが照れて。うーん、やっぱり書いてて気づいたけど、私自覚してるより石田タダに恋してるのかもしれません。好きです。

 

勝手なことをいろいろ書きましたが、演劇女子部とてもよかった!ハロや娘のことを全然知らない私でも楽しめました。WEST公演も観たくなったし、次の舞台もぜひ観たいと思いました。ひとつだけ、次回もし戦闘シーンがあるなら、殺陣をもっと美しく見せる工夫をしてくれることに期待。殺陣は舞台の花形だと思ってるので。今回の場合、火消しのレッドを演じる生田さんの殺陣だけ他の子よりもずっと良くて、レッドの次元の違う強さに説得力が出るという効果がありましたが。

 

石田タダと工藤フロルの恋愛にいっぱいときめいて、譜久村バセスカと小田フォースの友情にいっぱい泣きました。ほんと楽しかった!ありがとーーー!!

 

 

 

 

女性アイドル関連の過去記事も良かったら。

chocomintholic5.hatenablog.com

 

chocomintholic5.hatenablog.com

 

 

*1:書いてるうちに本当にこんなセリフ言ってたのか怪しくなってきた…。私の脳内で設定がプラスされてそうで怖い。他のセリフも含め、号泣しながら観た人間の記憶力の限界を感じながらお読みいただければ。すみません。